トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2013/6/15/深入沢

Last-modified: 2013-09-16 (月) 12:46:16 (1497d)
Top / 2013 / 6 / 15 / 深入沢
山行日2013年6月15日
山域山梨
ルート葛野川深入沢
メンバー内藤・澤井(記)

記録

微妙な天気予報だったけれども、午前中は何とかもつみたい。
ということで、近場の沢登りへ。

誰もいない早朝の深城ダムで準備。
トイレはきれいだし、東屋もあるし、入渓点はすぐそばだし。
とっても便利な駐車場だ。

大きな橋の脇の単管で組まれたはしごを下っていくと、沢床へと導かれる。
思いのほか水量は少なく、すぐに終わってしまいそうな沢だ。

P6153406-1.jpg

↑入渓してすぐにF1

F1(6m)、右岸のルンゼから巻き気味に登る。
よくわかんなかったのでロープを出したが、特に難しいクライミングは無く、よく踏まれていた。

小滝をいくつか越えると、F2(10m)右壁を登るがボロボロ。
Ⅲ位だが、ぜんぜんランナーが取れなくて恐ろしかった。

P6153429-1.jpg

↑美しいナメが多く癒し渓だ。


トポには直登困難みたいなことが書いてある滝が多いが、意外と直登できる。
いずれにせよ、残置ハーケンの類は無い。

二股を過ぎると、ぐんと水が少なくなり、小滝群なんて良くわからないうちに水涸れ。

ツメはドロドロの急斜面。
やっと潅木が多くなってきたと思ったところで、刈り払われた枝が除けられていない植林帯に入る。
シャツがドロドロになった頃にようやく尾根上の林道に飛び出した。

遠雷が聞こえる中、怪しい尾根を下るよりは道を歩いたほうが良かろうと、松姫峠へ向かうことに。

装備を解除して、歩きやすい道を歩くこと10分強で松姫峠に着いた。
ショートカットしつつ、国道を歩いて、1時間半足らずで深城ダムへ戻れた。
(踏み跡不明瞭な尾根を下るよりはよっぽどいいと思う)

温泉へ向かおうと車を出したところで雨が降ってきた。


~参考記録~
深城ダム7:10~9:36二俣~10:49林道~11:23松姫峠11:36~13:00深城ダム


添付ファイル: fileP6153429-1.jpg 43件 [詳細] fileP6153406-1.jpg 49件 [詳細]