トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2018/12/15/裏同心ルンゼ・ジョーゴ沢

Last-modified: 2018-12-22 (土) 21:10:16 (246d)
Top / 2018 / 12 / 15 / 裏同心ルンゼ・ジョーゴ沢
山行日2018年12月15日
山域八ヶ岳
ルート裏同心ルンゼ・ジョーゴ沢
メンバー熊田・土肥

記録

今週末、熊田さんアイス行くらしいぞ。え?🎵
というわけで、早くも人生二回目のアイスクライミングに連れて行ってもらった。
今回はマンツーマン..参加を快く承諾して下さった熊田さんの勇気に感謝。
しかしビレイしてもらっている間、1人で登ることになる。励ましてくれる栗原さんも守ってくれる師田さんもいない..だ、大丈夫だろうか..どう考えてもヤバイ....思考停止。

八ヶ岳山荘の仮眠室に前泊した。寝具は清潔で暖房器具まである。快適に眠れた。
美濃戸駐車場を出発すると、先週とは打って変わって銀世界。5cm?位の積雪があった。
赤岳鉱泉で準備し、裏同心へ向けて出発。雪が積もっているので、先週より歩きやすい。
15mのF1に到着した。アイススクリューの回収任務を仰せ付かり、教わる。緊張。
練習で何本か設置してもらい、時間がかかったが、なんとか無事に回収できた。

0.jpg


3段30mのF2に着くと既に何組か待っていた。なかなか空かない。ぞくぞくと後続が到着し、大渋滞。かなりの時間待たされた。3,40分位か。
やっと前が進んだが、フリーの人や早そうな人は先に行ってもらい、登る頃には後続は大分減っていた。

2.jpg


熊田さんはスイスイ登ってすぐに見えなくなった。遠くから合図が聞こえ、登り始める。夢中になって、スクリュー回収を忘れる。あわてて戻ってヌンチャクを外そうとするが、ロープはしっかりテンションかかっており、ロープから外せない(汗)。スクリュー側を外そうとするが、外れない!!ロープ緩めて下さ~い!叫ぶが声は届かない。ヤ、ヤバイ....全然外せない....ふぅふぅ。焦らないでいいよ~ゆっくり~ロープ側からヌンチャク外して~。下から天使の声が聞こえた。相当パニックになっていたんだろう(笑)。焦らないでゆっくり。ロープを何回か引っ張って合図すると、緩めてくれた。やっと外せた!天使にお礼と待たせたお詫びをし、再び登り始める。
で、また回収を忘れる。バカなのかな?やっとのことで、熊田さんまで辿り着いた。すみません~時間かかってしまった。3段最後の滝を登り、F3へ。折り返し下降する方とすれ違うようになる。10mF3を登り、ここで時間切れ。折り返すこととする。
懸垂下降で同じ道を下り、ジョウゴ沢出合で昼休憩。ふかふかの雪に寝転ぶ。
たっぷり休憩してジョウゴ沢F1へ。講習しており、大分混んでいたので右側を巻いた。F2を登る。氷が薄いところがあり、ルートを迷う。またスクリューの回収を忘れる。バカ決定。
F3も右側を巻いて、左俣へ。ゴルジュへ向かう途中、アイゼン外れる!鉱泉で準備した際、アイゼンを装着した足元を見て、熊田さんがしきりに気にされてた。これちゃんとはまってる?大丈夫?..お店の人に合わせてもらったし、先週大丈夫だったし....しかし、懸念通りに。岩に座らされ、合わせ直して下さった。シンデレラみたいw
最後にゴルジュの滝を登る。強い陽射しが当たり、所々薄氷の向こうに水流が見える。怖い。ここでびしょ濡れとか絶対イヤだ。熊田さんのトレース通りに登る。
そして、乙女の滝や右ルンゼ50mの滑滝、大滝を観に行く。乙女!なるほど美しい。あれは..まだ登れない状態ですよね?いや、あ~行って、こ~行って、そ~行けば登れると思うよ。へ、へ~汗。ど~行っても登れる気がしない。
さて、そろそろ降りなければ。すれ違った人に、よかったら V字使って下さいねと声を掛けられた。なるほどこれがV字スレッド。勉強になる。
名残惜しいが下降を開始した。その時アーベントロートに!色のなかった世界が、寒々しい乙女の滝が暖かな朱に染まる。最後に素敵なご褒美をもらえた。

1.jpg


F2を下降したところでヘッデンをつけ、まだ夕焼けが残る空を見ながら、降りた。鉱泉からは暗闇の中、完全にラン。必死で着いて行った。
美濃戸駐車場に着いたのは、先週と同じ時刻。何て言うか、皆、元気っ。

二回目の今回は、スクリューの回収など新しい体験や発見があり、成長出来た気がする。きっとしたはず。
天候に恵まれ、美しい景色に心踊らせ、とてもとても楽しい1日だった。

連れて行ってくれた熊田さんには、たくさんの迷惑を掛けてしまった。大切な道具も使わせていただき、大変お世話になった。深く深く感謝申し上げる。


07:00 美濃戸駐車場出発
09:15 赤岳鉱泉出発
12:15 裏同心F3より下降開始
14:00 ジョーゴ沢出合い 昼休憩
16:00 左股F1より懸垂開始
17:30 赤岳鉱泉出発
18:30 美濃戸駐車場到着
(出発早々に時計を紛失したので、時刻については大体の目安)


添付ファイル: file2.jpg 48件 [詳細] file1.jpg 46件 [詳細] file0.jpg 41件 [詳細]