トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2016/6/18/釜の沢西

Last-modified: 2016-08-02 (火) 22:09:49 (500d)
Top / 2016 / 6 / 18 / 釜の沢西
山行日2016年6月18日
山域奥秩父
ルート笛吹川東沢釜の沢西俣
メンバー内藤・澤井(記)

記録

内藤さんからのメールで「釜の沢左俣に行きた~い」と。
左俣?んなの無いけど、左俣に相当するのは西俣か?
しかも、ママってことは日帰りか?
ま、行けるだろ。と思って計画を進めた。

案の定、東俣の間違いだったけれど、順調に進んだら西俣で、ハマったら東俣。ということにして出発。

ホラ貝のゴルジュの巻き道で一瞬トレースを見逃し、肝を冷やしたが、順調に山の神へ。
河原で足回りを整えて、入渓する。


P6187126-1.jpg

↑早速深い淵を見つけてドボーン‼


魚留の滝の上では、天然ウォータースライダーを愉しむ♪

先は長いというのに、遊びまくる。 

魚留の滝を越えると、いよいよ見どころの千丈のナメに至る。


P6187156-2.jpg

↑早くもフィナーレの千丈のナメ

両門の滝には、10時過ぎに到着。
まだ陽は長いので、右岸から巻きあがって、西俣へ入る。

西俣に向かったとたんに踏み跡は薄くなり、ルートファインディング力を試される。
これまでの人臭さとのギャップに戸惑う。

判断に迷う二俣では、それぞれ入ってみて判断する。
まったく、トポの狙い通りではなかったけれども、完全遡行の末、うまく稜線に詰め上がることができた。

下山は、甲武信岳を越えて4時間。

何とか、日暮れ前には下山できそうだ。
最後の急登を登って、甲武信岳の山頂を踏んで、西沢渓谷へと下る。

甲武信小屋のテント場は、たくさんのテントで大盛況だった。
早くも一杯始めているハイカーを横目に、一足飛びに徳ちゃん新道を下る。

まだ明るいうちに駐車場に戻ることができた。


~参考記録~
西沢渓谷5:50~山の神7:40~9:14釜の沢出合~10:20両門の滝~13:58稜線~14:49甲武信岳~17:45西沢渓谷



添付ファイル: fileP6187156-2.jpg 8件 [詳細] fileP6187126-1.jpg 9件 [詳細]