トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2016/4/30/原小屋沢

Last-modified: 2016-06-06 (月) 22:32:11 (558d)
Top / 2016 / 4 / 30 / 原小屋沢
山行日2016年4月30日
山域東丹沢
ルート早戸川原小屋沢
メンバー内藤・澤井(記)

記録

本当は雪稜でもと思っていたけれど、あまりにも雪が少ないのと、天候もイマイチなので、思い切ってわらじ初めとした。

せっかくなので、トップシーズンはヒルが多くて快適な遡行ができない、東丹沢へ。

原小屋沢は以前から気になっていたので、満を持して決行することにした。
どうも、早戸川国際マス釣り場の先のゲートが閉まっており、アプローチに時間がかかるようだが、内藤も体力があるので大丈夫かな?

結局下山を考えて、車を回したりしていたら、出発は8時になってしまった。
ヤバい、下手すると日が暮れる。。。

ひたすら林道を歩き、伝道からは滝見物用の桟道を行く。
この道がイマイチ。。。渡渉点で、足回りを整えて、雷平からは左岸の河原伝いに入渓した。

雷滝は水量が多く豪快な滝だ。
左から巻いた。


P4306421-1.jpg

↑雷滝。新緑が目にまぶしい。

バケモノ滝は岩壁の奥まったところに懸かっていて険悪な雰囲気。
迷わず左から巻いたが、トラバースに入るところがわかりづらい。
また、落ち口に出るところで落ちるとヤバそうだったのでロープを出した。

3段20m滝は、2段目までは登れそう。
3段目は二条になっているようで、下からはよくわからない。
トポでは、右から巻きとなっているものや左から巻きとなっているものなど、それぞれだが、右手のほうがよさそうだったので、右から巻くことにした。
泥ルンゼを涸棚を越えて登り、木の根が出てくるところから沢に向かって下り気味にトラバースすると残置スリングのある木がある。ここから懸垂20mで沢床に降り立った。

この辺りは滝場が続き、いよいよトリのガータゴヤの滝。

P4306439-1.jpg

↑ガータゴヤの滝。登れそうだがヌルヌル。


取りついてみたが、落ち口までの5mほどがヌルヌル。
安定した姿勢でハーケンも打てないので、巻くことにした。
ちなみに、水線沿いに登れば、傾斜は緩いので登れそうだった。

右手の巻き道はしっかりと踏まれていて、直登している人は少ないようだ。

最後の鎖のある滝も鎖沿いに登れば容易。

源頭の雰囲気を醸し出してから、、距離が長かった。
左手に小尾根が降りてきたところで、小尾根に取りついたら原小屋平より姫次よりの登山道に出た。
時既に16:30。日暮れと競争しながら、大平経由で奥野林道へと降りた。
奥野林道のゲートに止めた車に着いた時には、ヘッ電ぎりぎりのタイミングだった。


~参考記録~
松茸山自然公園早戸川口7:59~9:30伝道~10:45雷平~14:03ガータゴヤの滝~16:26登山道~19:00奥野林道ゲート



添付ファイル: fileP4306439-1.jpg 15件 [詳細] fileP4306421-1.jpg 14件 [詳細]