トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2021/10/23/天狗山ダイレクト の変更点

Top / 2021 / 10 / 23 / 天狗山ダイレクト

#author("2021-10-28T22:38:22+09:00","default:tac","tac")
#author("2021-10-28T22:40:47+09:00","default:tac","tac")
|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2021年10月23日|
|山域|川上村|
|ルート|天狗山ダイレクト|
|メンバー|三ツ堀、水流、小泉、原|



*記録
天狗山登山口8:00-8:30取り付きー13:00山頂13:30-14:00登山口
 天狗山は川上村の某ショッピングセンターの駐車場から眺めることができ、山頂直下にチャートの岩壁が見られる。
 登山口に到着すると厚い雲がかかり気温も低く寒い。上着を羽織り登山口を出発。しばらく歩くと登山道を外れ取り付きまで明瞭な踏み跡を下っていく。
 取り付きに着くと苔むして湿った岩がお目見え。三ツ堀・小泉パーティは三ツ堀さんがトップ、水流・原はつるべで登ることとした。中間支点は、残置ハーケンは少なく立木やカムを多用。終了点は根っこが浅そうなのも含めてほぼ立木を利用した。途中、Ⅴ-級の9,10p目にはボルトが3箇所整備されていた。
 全体的にやさしいクライミングに感じたが、亀裂が多い岩塊のため、脆く不安定なホールド・スタンスに注意する必要があった。
 中盤からは晴れてきて眺めがとても良かった。しかし、山頂に着くと樹氷が見られ、冬の訪れを感じる山行となった。  (記録:原)

&br;


#ref(1.jpg,center,nolink,50%);
#ref(1.jpg,center,nolink,60%);
&br;


CENTER:&ref(2.jpg,center,nolink,30%); &ref(3.jpg,center,nolink,30%);
#clear
&br;

#ref(4.jpg,center,nolink,50%);
#ref(4.jpg,center,nolink,30%);
&br;
#ref(5.jpg,center,nolink,50%);
#ref(5.jpg,center,nolink,40%);
&br;

CENTER:&ref(6.jpg,center,nolink,30%); &ref(7.jpg,center,nolink,30%);
CENTER:&ref(6.jpg,center,nolink,35%); &ref(7.jpg,center,nolink,35%);
#clear
&br;
#ref(8.jpg,center,nolink,50%);
#ref(8.jpg,center,nolink,60%);
&br;