トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2015/9/5/伊勢沢 の変更点

Top / 2015 / 9 / 5 / 伊勢沢

|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2015年9月5日|
|山域|裏丹沢|
|ルート|神の川伊勢沢|
|メンバー|倉田・澤井|



*記録
行きたいとこどこでも付き合うよとのお言葉に甘えて、かねてから気になっていた伊勢沢へ。
&br;
神の川ヒュッテには結構早く着いたつもりだったのだが、すでに大量の路駐の列が。。。
釣り人なのかハイカーなのか???
&br;
アプローチは林道歩き20分ほど。曲橋の先から踏み跡を下ると容易に神の川に出られた。
&br;
伊勢沢の出合にはペンキで「イセ沢」と書かれているあたりがさすが丹沢。
滝にもトラロープや鎖があり、人臭さを感じさせる。
&br;
適度に滝が出てきて、直登したり小さく巻いたりしながら楽しく遡っていく。
&br;
#ref(P9054671-1.jpg,center,nolink,80%);
&br;
↑F3。
&br;
F3は鎖のラインを無視。鎖は下段を右から小さく巻いて上段を水線沿いに登るのだが、どう見ても左壁を直登できる。
ドシャワーを浴びて、左壁に取りついた。
もちろんビレイ点はなく、ブレード2本でビレイ。
&br;
#ref(P9054676-1.jpg,center,nolink,80%);
&br;
↑F4の大滝。結構立っていて、定石通り左岸巻き。
&br;
F4の巻き道はルンゼから離れるところがわかりづらく、それっぽいバンドを辿って行ったら、下から上がってきたFIXロープにぶつかった。
落ち口手前には鎖があったが、踏み跡が交錯していたのと、鎖の支点の状態がわからなかったので少し大きめに巻いたら、クライムダウンで落ち口上の沢床に降りられた。
&br;
上部も快適に遡っていくと、原小屋平の水場に出た。
最後まで水量豊富で飽きの来ない沢だった。
&br;
原小屋平は草原で昼寝したいところだったが、時間も遅いので早速下りにかかる。
姫次まで登れば、あとは駆け下りられるような登山道。
整備が行き届いていて、疲れた足には助かる道だった。
&br;
久しぶりに、出し切った一日だった。
&br;
~参考記録~
日影沢橋8:08~9:12伊勢沢出合~11:19大滝下~14:57原小屋平~17:21日影沢橋