トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2011/2/6/芦安の氷瀑 の変更点

Top / 2011 / 2 / 6 / 芦安の氷瀑

|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2011年2月6日|
|山域|芦安の氷瀑|
|ルート|名前のない氷瀑|
|メンバー|三ツ堀・狩野・祥子・山田|

*記録
&br;
日曜休みが少ない中、祥子ちゃんにメールすると「今年はアイスまだでしょう、アイスへ行きましょう」との連絡を貰った。  
&br;
今回の行先は南アルプスの玄関口、山梨県の芦安にある沢の氷瀑。 
当日は三ツ堀さん、狩野さん、祥子ちゃんの3人と中央自動車道、談合坂SAに集合、一路芦安を目指した。 
&br;
天気は高気圧に覆われ甲府方面は晴天に恵まれるが湿った空気の影響で雲が出やすい一日となった。 
&br;
八ヶ岳のアイスの経験からそれを想定して厳寒用のヤッケとオーバーパンツを用意したが今回は重装備し過ぎのようであった。 
&br;
桃の木温泉先に車を置き、装備を整え出発、沢沿いに登って行く。 
通り過ぎる堰堤は沢水が氷結した様子が目に入り期待が膨らむ。 
&br;
道は積雪は殆んどなく、枯葉の踏みしめながら奥へと進んで行くと、対岸に高さ40m以上ありそうな見事な氷瀑が姿を現した。 
&br;
#ref(芦安の氷瀑2.jpg,center,360x480);
&br;
上部には3人パーティーがいるのが確認できる。 
アルパインアイスのトレーニングかな・・ 

そこから奥へ詰めて行くと今回の目的地としていたカモシカルンゼと命名された氷瀑に到着した。 
&br;
#ref(芦安の氷瀑4.jpg,center,480x360);
&br;
既に10人近くが取り付いており我々の入る余地はなし・・(^_^;) 

仕方がないので更に奥に氷瀑を求めることとなった。 
林道がなくなり、沢通しに登って行くと、左岸に二つの氷瀑が現れた。 
しかし手前は土砂が崩れ登れそうもなく奥のステップアップと名の付いている氷瀑にトライすることとした。 

リードは狩野さん、ビレイヤーは祥子ちゃん。 
&br;
#ref(芦安の氷瀑8.jpg,center,480x360);
&br;
#ref(芦安の氷瀑10.jpg,center,360x480);
&br;
中段まで登り詰めるが、トップロープを張る支点が貧弱なためここを終了とし下流に戻り林道から少し支流沿いに登った名もない氷瀑で遊ぶことにした。 
&br;
氷瀑では先に1パーティー3人が取りつきを終わっていたので、挨拶を交わして祥子ちゃんのリードで登り始める。 
&br;
祥子ちゃんはバーチカルな氷壁を安定したバイルさばきと巧みなアイゼンワークで 
次々とアイススクリュウーの支点を決めながら登り切った(^O^)/ 
&br;
#ref(芦安の氷瀑12.jpg,center,360x480);
&br;
#ref(芦安の氷瀑14.jpg,center,480x360);
&br;
後はトップロープセットし各自トレーニングとした。 
3番目は私、1年振りのアイスにまずは感覚の確認から(^_^) 
&br;
#ref(芦安の氷瀑19.jpg,center,360x480);
&br;
#ref(芦安の氷瀑29.jpg,center,360x480);
&br;
全員が登って一巡したところで日没までの時間が押し迫っているが、狩野さんが気になっている手前側の氷瀑にロープを掛け替えてラストトライ。 
&br;
#ref(芦安の氷瀑31.jpg,center,360x480);
&br;
今日の無事を山ノ神に感謝m(__)m