トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2021/1/20/パンピングアイアンⅡ(5.12b)・サーカス(5.12c)

Last-modified: 2021-02-05 (金) 00:44:17 (296d)
Top / 2021 / 1 / 20 / パンピングアイアンⅡ(5.12b)・サーカス(5.12c)
山行日2021年1月20日
山域城ケ崎・シーサイド
ルートパンピングアイアンⅡ(5.12b)・サーカス(5.12c)
メンバー三ツ堀・梅原

記録

この日もかなりの冷え込みで前日の二子は寒さで敗退していた。
城ケ崎シーサイドは気温一桁でも陽が当たればベストコンディションが期待できる。そんな日を狙って宿題「パンピングアイアンⅡ」を終わらせに行ってきた。

「パンピングアイアンⅡ」
https://youtu.be/33jRufgANsc

このルートは名前の通りパンプしやすい。110°くらいの傾斜に対して皿ホールド、適度なピンチにカチが連続し、迷いのない動きと確実なホールディング、ヒールフックなどが求められる。初登は87年大岩純一氏。当時はカムとボルト2本で登られたらしいが本当なのか?

さて。あわよくばヌン掛けの1トライでRPを狙いたかったけどリスクは取らずに1テンでトップアウト。
まあできるだろう、という自信と落ち着きもあり2トライ目。
上部の抜けでヨレを感じながらパンプに耐えて押し切れた。

ホールドの持ち感やムーブは決して難しくない。
やはり繋げるとパンプしてくるので適度なレストで落ち着いてこなせば妥当な12bといったところ。

三ツ堀さんのサーカスも興味はあるがシーサイドはいよいよ虎の穴(5.13a)をトライしてみたい。