トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

山行リスト/2023/8/20/裏銀座縦走

Last-modified: 2023-09-26 (火) 20:57:52 (205d)
Top / 山行リスト / 2023 / 8 / 20 / 裏銀座縦走
山行日2023年8月20-23日
山域北アルプス
ルート裏銀座縦走
メンバー相場

記録

目的:軽量化、小屋泊で歩き時々ランしながら稜線漫歩!


記録:8/20 前夜竹橋発22:30毎日あるぺん号〜七倉着3:40
ゲートは5:00開門タクシー相乗りで高瀬ダムへ、登山届を提出しないとタクシーに乗せてもらえません。
6:00 ブナ立て尾根登山口〜10:00烏帽子小屋〜烏帽子岳往復12:00
タクシーは10人待ち、前日は60人だったとか。高瀬ダムまで連れて行ってくれるが最後のトンネルは歩かなければならず真っ暗闇で不気味。1人だとかなり怖い。登山口まで暗いと迷い易い。ブナ立て尾根は美しいブナの森、思ったよりきつくなかった。
烏帽子小屋に荷物をおいて朝から一緒だった元気なおば様たちと烏帽子岳往復、尖った岩山は最後は鎖場で1人しか立てず。野口五郎小屋の予約が取れず烏帽子小屋泊にしたが個室で快適だった。



8/21 4:15烏帽子小屋〜野口五郎岳〜水晶岳〜鷲羽岳〜14:30三俣山荘
昨日小屋で充分休息をとれたため朝から絶好調!朝日を楽しみ気分良く走っていた矢先、濡れた石に滑って転倒!右足を変に捻ってしまった。
足首の痛みで捻挫したような感じ。
急いでテーピング、さぁ、困った!まだ2日目早朝、野口五郎岳まで1時間以上、行くか戻るか悩んだが、野口五郎岳まで行ってダメそうだったら戻ると決断。ジンジンした痛みが不安を煽った。

1.jpg


野口五郎岳着、烏帽子岳で一緒にビールを飲んだお兄様が先着。三俣山荘の診療所で診てもらえばいいとアドバイスを受けた、が先は長い、5時間以上ある。ここで2日間共に行動することになるカメラ女子と出会う。結局3人で行動、水晶岳に着いた頃は足の痛みはほぼ消失、鷲羽へは雷雲とともに移動、ヒヤヒヤしたが雨にも振られず三俣山荘着、診療所で診てもらうと、軽い捻挫だろう、固定がうまくいってたので腫れていないと!下山までのアドバイスを受けてまず一安心。
長い行程を共にした2人、バスで一緒だったイケオジと2次会まで宴会し記憶が飛んだ!

2.jpg


3.jpg





8/22 3:50三俣山荘〜黒部五郎小舎〜黒部五郎岳往復〜三俣蓮華岳〜双六岳〜15:20 双六小屋

長い行程日、二日酔いで寝坊、先行するカメラ女子と合流、分岐で道を間違えたりしたが黒部五郎小舎着、山の雰囲気がガラッと変わり人も少ない、広大なカールルートへ、自然が造る造形美にただ圧倒された!しんどかったが山頂では同行したカメラ女子と感動を分かち合い2人で抱き合った。山頂にいた人たちは動きたくないと言う位の絶景。ケガもしたし大変だったが本当に来てよかった。残念だがここで太郎平へ向かう彼女と泣く泣くお別れして三俣蓮華へ。雲行き怪しくなりながらなんとか双六へ、三俣蓮華から長かった。双六小屋は半個室でゆっくり休めた、夕飯はまさかのボリュームありすぎ天ぷらで完食できず。水、お湯使い放題だった。

4.jpg


5.jpg


6.jpg





8/23 5:00双六小屋〜鏡池〜10:00新穂高温泉〜14:45毎日あるぺん号〜20:30新宿

小屋から75才のおば様と途中まで同行、4日間界隈を縦走していたという。その年まで現役単独で歩けることがすごい。
捻挫して一時はどうなるかと思ったが悪化することもなく無事に下山。
今年も景色に人に一期一会を満喫、飛騨牛定食と生ビールでカンパイ!

7.jpg



添付ファイル: file7.jpg 63件 [詳細] file6.jpg 60件 [詳細] file5.jpg 56件 [詳細] file4.jpg 59件 [詳細] file3.jpg 60件 [詳細] file2.jpg 59件 [詳細] file1.jpg 87件 [詳細]