トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

山行リスト/2023/4/5/塩地谷

Last-modified: 2023-08-14 (月) 21:11:50 (337d)
Top / 山行リスト / 2023 / 4 / 5 / 塩地谷
山行日2023年4月5日
山域奥多摩
ルート塩地谷
メンバー牛久

記録

子供が春休みのうちにどこかへ出かけたいと思っていましたが天気がパッとしないまま新年度を迎えてしまいました。
諦めかけていたところやっとチャンス到来。1人でも楽しめそうな近場の沢を探し塩地谷に決めました。

崩壊しまくりの倉沢林道を魚留の滝上から倉沢谷に降りました。いくつか小滝を越え、右に長尾谷を分けると塩地谷です。直ぐに地蔵滝が見えて来ます。なかなか立派な滝で直登は出来ず、左の登山道まで上がり滝の落口を目安に沢へ戻ります。
滝上も岩壁に挟まれたゴルジュに滝が続きます。まとめて左から巻きましたが夏なら泳いで取り付き直登を試してみるのも良いかもしれません。
ゴルジュを抜けると雑木に囲まれた明るい渓相が広がりとても気持ち良かったです。
キラキラ光る水の中をヤマメが走り回ります。
この沢は登れる滝とそうで無い滝がはっきりしていたように感じましたが唯一悩んだのが6mCS。パッと見無理そうなので初めは左から巻こうと思っていましたがよく観察すると右にスリングが垂れていました。
もしやと思い滝裏から対岸へ移るとハーケンからスリングが残置してありました。これを足がかりにその上のクラックを登れば高巻きの時間短縮ができます。
その後、幾つか左右から合わさる枝沢にも滝がかかり目を楽しませてくれました。水が涸れるまでポイントが散らばり飽きません。
詰めも比較的歩き易くゴールが一杯水と言う水場なのも嬉しいポイント。顔を洗ってさっぱり出来ます。
静かな長沢背稜を蕎麦粒山方面に進み棒杭尾根から戻りました。
この沢は1人でも滝登り、巻き、懸垂、トラバースと色々工夫できる山行が出来るのでお勧めです。

タイム:魚留橋08:30-塩地谷入渓08:30-地蔵滝巻き終わり09:30-6mCS09:45-一杯水13:00-棒杭尾根分岐13:20-魚留橋14:15