トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

山行リスト/2022/2/15/稲子岳南壁左カンテ

Last-modified: 2022-09-30 (金) 15:11:18 (68d)
Top / 山行リスト / 2022 / 2 / 15 / 稲子岳南壁左カンテ
山行日2022年2月15日
山域北八ヶ岳
ルート稲子岳南壁左カンテ
メンバー三ツ堀、蓮見

記録

朝3時50分に八王子道の駅に集合し、途中、コンビニで買い物トイレを済ませ、唐沢橋登山口駐車場に6時15分頃到着した。
雪がちらついていて気温は温かく感じた。準備を済ませ6時40分にスタート。
登山道にはトレースがあり歩きやすい道で8時10分頃しらびそ小屋到着。
登攀装備を各々準備し取付きへ向かう。
小屋から上は若干雪が深くなっていたがガシガシ歩く。
8時45分頃登山道から外れ左カンテ取付きへ向かう。
はじめの30分程度は膝上ラッセルとまぁまぁな感じで進んで行くが、標高2120m付近の急登から胸ラッセルへと状況が変わる。
ペースが落ちたら先頭を交代しつつ、根気強く楽しんでラッセルを味わった。(急登、胸、パウダー)標高2270mまで高低差約150mのラッセルは多くの時間を費やし、11時頃に取付きへ到着。最終準備を済ませアイゼン、ガチャ類を装着し11時過ぎに登攀開始。



奇数ピッチ蓮見。
偶数ピッチ三ツ堀さん。


雪と強風、時たま爆風の中のアルパインはとても充実感がありました。
13時50分頃、計6ピッチを終了しロープをしまい下山開始。
下山時にラッセル疲れの影響か股関節が重痛い、、加えて行動優先にして行動食を取らなかった為蓮見シャリバテ。
三ツ堀さんにぐんぐん離されてしまう。
シャリバテは12月の西黒尾根で反省として残したにも関わらずまた繰り返した事に『ぬぁーーー悔』。
結局、三ツ堀さんはしらびそ小屋付近で待っててくれていました。
私はしらびそ小屋前でパン、コーラ、たばこを一気に補給。
そこで車のキーを三ツ堀さんに渡し各々下山しました。
シャリバテが一気に回復、しらびそ小屋からの下山は30分ちょっとで駐車場へと到着しました。(16時35分頃下山)
三ツ堀さん、大変お待たせしましたm(_ _)m

感じた事:
長時間、急登、パウダーの胸ラッセルは疲れるが、充実感がある。

滑り降りるのは慣れが必要。←真似して2、3回転ける。

このルートはダブルアックスよりシングルのが効率的?←アックスが邪魔でムーヴがやりにくい。

モノポイントしっくりきてて良い。

冬登攀は楽しい。

今シーズンの1つの目標達成。

人にぶら下がらない事が何より充実するし、成長出来る。



反省:
シャリバテ防止でしっかり行動食を取る。

ラッセル時にヨレる前に自ら三ツ堀さんに先頭交代を申告すべきであった。←三ツ堀さんからの交代コールで救われる。


ありがとうございました!