トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2020/8/11/塩沢甚助窪 の変更点

Top / 2020 / 8 / 11 / 塩沢甚助窪

#author("2020-11-01T21:33:54+09:00","default:tac","tac")
|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2020年8月11日|
|山域|奥多摩|
|ルート|塩沢甚助窪|
|メンバー|戸叶・土肥|



*記録
8:00 塩沢入渓
13:00 登山道
16:00 片倉橋

戸叶さんに、沢登りにご一緒していただいた。易しい沢をのんびり遡りたいという戸叶さんのご意見で、塩沢甚助窪へ。
易しい沢をのんびり?どこが?8-9時間かかるのでは??ツッコミつつ計画書を作る。

後山林道片倉橋に駐車し、林道を奥へ。塩沢橋を渡ったら、塩沢沿いの林道に入り、行けるところまで5~10分歩き、入渓。ゴーロを歩く。長時間コースで時間ないのに、無駄に滝にトライ。結局登れなかったりで時間を食う。巻きは怖くてあまり良くないが、フィックスロープが結構あった。
ゴーロ歩きで高度を上げる。普通に登山みたい。キツイ。ツライ。
最後の滝も巻くようだが、登れそう。ゴーロ歩きで疲れ果て、戸叶さんにリードしていただく。フォローで続いたら、めちゃめちゃ怖かった。リードは無理だ。しなくてよかった。見るのとやるのとは大違い。見極めさえ出来ない。

水の枯れた沢を暫く詰め、左の杉植林地にあがる。虫と戦いながら、稜線へ。藪こぎ無く明るい登山道に出た。ブナ坂を通って、七ツ石尾根からモノレール沿いに下る。急な箇所も多く、モノレールの骨組みを掴みながら下りる。片倉橋に下山。

ゴーロ登りのキツイ沢で、よいトレーニングになった。登れそうで登れなかった滝にリベンジしたいけど、体力的にキツくて躊躇する。。。いつか。。