トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2013/3/17/ショルダー右 の変更点

Top / 2013 / 3 / 17 / ショルダー右

|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2013年3月17日|
|山域|八ヶ岳|
|ルート|ショルダーリッジ右|
|メンバー|澤井・倉田|



*記録

 以前から興味あったショルダーに。前日は仕事で疲れ、朝発に変更してもらい3時半に八王子発。赤岳山荘までの道は轍が深く氷結し、ジムニーでやっと上がりました。
以前から興味あったショルダーに。前日は仕事で疲れ、朝発に変更してもらい3時半に八王子発。赤岳山荘までの道は轍が深く氷結し、ジムニーでやっと上がりました。
 
 当初、ショルダーの右か左か決めてませんでしたが、見た目で、取り付きやすそうな右に行く事に。
当初、ショルダーの右か左か決めてませんでしたが、見た目で、取り付きやすそうな右に行く事に。
&br;
#ref(P3173109 50%.jpg,center);
#ref(P3173109 50%.jpg,center)
&br;

  誰もいないと思って取り付きに向かうと内藤さんがいて、びっくりしました。彼女達が登ってるルンゼからは落石が多く悪そうでした。
誰もいないと思って取り付きに向かうと内藤さんがいて、びっくりしました。彼女達が登ってるルンゼからは落石が多く悪そうでした。

 私達は、ボルトが打たれているルートからスタート。1ピッチ目は久し振りのアイゼン岩登りで非常に難しく感じました。
私達は、ボルトが打たれているルートからスタート。1ピッチ目は久し振りのアイゼン岩登りで非常に難しく感じました。

&br;
#ref(P3173112 50%.jpg,center); 
#ref(P3173112 50%.jpg,center) 
&br;

 暖かくて岩が緩み、ホールドもスタンスも崩れてしまう嫌らしい所もありましたが、久し振りに充実した岩稜登りでした。上部では、北アから中央アまでくっきり見え爽快でした。
暖かくて岩が緩み、ホールドもスタンスも崩れてしまう嫌らしい所もありましたが、久し振りに充実した岩稜登りでした。上部では、北アから中央アまでくっきり見え爽快でした。

&br;