トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2011/7/12/水根沢 の変更点

Top / 2011 / 7 / 12 / 水根沢

[[2011]]
|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2011年7月12日|
|山域|奥多摩|
|ルート|多摩川水系・水根沢|
|メンバー|山田・他8名|
*記録
今日はミクシィ仲間のイベント、水根沢の沢登りが開催され参加をした。
参加者は関東周辺の方が殆んどでしたが、中には松本から参加された方もいらっしゃった。
総勢は女性1名を含む9名、日頃のコメントではお馴染みでも、初対面の方が多く、普段の想像とはかなり違う方も見受けられた。

水根沢は水根山から南流し、奥多摩湖の小河内ダム下で多摩川へ注ぐ、この沢は下部廊下の出口にある「半円の滝」を濡れなずみの遡行者達を魅了してやまない。

気温も30度越えを予想させる程、朝から暑い。
午前8時半、ダムサイト近く青梅街道沿いの駐車場に集合し、挨拶と今日の概要が主催者から説明された。
参加者の半数は沢の経験者で、ベテランも何人か見受けられた。
&br;
CENTER:&ref(水根沢.jpg,center,240x180);
&br;
#clear

ここで、装備を整えて沢沿いのむかし道を登る。
&br;
CENTER:&ref(水根沢-2.jpg,center,240x180);
&br;
#clear

キャンプ場手前に付いている沢へ降りる踏み跡へ入ると、穏やかな流れが見えてきた。
参加者の中には駈けて沢へ飛び込む者もいる。
ここで主催者から最後尾を歩くように依頼を受け、承諾した。
&br;
CENTER:&ref(水根沢-3.jpg,center,240x180);
&br;
#clear

遡行を開始すると徐々に滝が現れ始める。
&br;
CENTER:&ref(水根沢-6.jpg,center,240x180);
&br;
#clear

最初の難関、3mの滝、水中にも足のスタンスがなく、微妙なバランスで上がらなければならず、更に追い討ちで諸にシャワークライミングとなる。
&br;
CENTER:&ref(水根沢-8.jpg,center,240x180); &ref(水根沢-12.jpg,center,240x180);
&br;
#clear

殆んど水線通しに越えて行く。
&br;
CENTER:&ref(水根沢-13.jpg,center,240x180); &ref(水根沢-15.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
ここで、初めて高度と滑りやすい岩から、ロープを出す。
&br;
CENTER:&ref(水根沢-18.jpg,center,240x180); &ref(水根沢-19.jpg,center,240x180);
&br;
#clear

そして、核心である“半円の滝”の出現。
ここでは全員で水遊び。
&br;
#ref(水根沢-22.jpg,center,480x360);
&br;
CENTER:&ref(水根沢-24.jpg,center,240x180); &ref(水根沢-25.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
思う存分水遊びをして遡行終了、上流左岸の踏み跡から樹林帯へ入り登山道へ。
こんな沢登りも良いかなって。
&br;

今日の無事を山ノ神に感謝m(__)m