トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2019/4/13/西穂高岳 のバックアップソース(No.1)

#author("2019-05-09T23:43:45+09:00","default:tac","tac")
|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2019年4月13日|
|山域|北アルプス|
|ルート|西穂高岳|
|メンバー|師田・水流・土肥|



*記録
 7:30 新穂高ロープウェイ  師田さんと待ち合わせ

  9:00 西穂高口 

  9:40 西穂高岳山荘(休憩・準備)

10:50 独標

12:00 山頂(休憩)

13:30 独標

14:20 西穂高岳山荘(休憩)

15:20 西穂高口 

 

 

ホントは厳冬期に行きたかった西穂高岳へ、やっと行くことができた。

山荘までは樹林帯。独標より先は急げないと思ったので、この間で時間短縮を計る。暑い。汗ダラダラ。
山荘前でアイゼン等準備を整える。遅い。師田さん、すみません。

独標までは歩きやすい稜線をあがる。こんなに傾斜あったかしら?キツイけど気持ちいい!
晴天!雲ない風ない。トレースある。雪大丈夫。これ以上ないくらい良い条件の中、慎重過ぎるくらい3点支持を守り、独標を上り下りる。

その後も慎重に上り下りした。持ちやすい岩がたくさんあり、恐怖を感じることはなかった。

 11..10..9..8..7..ひとつずつピークを越え、とうとう西穂高岳の頂に立った。すごい景色だった。雲ひとつない青空に白い峰々が浮かぶ。
奥穂高岳への稜線はトレースがなかった。歩けば一歩で奈落に落ちそう。ここから先へは見えない壁があるようだ。

たくさん写真を撮って、景色を堪能し、喜びを分ち、休憩して下山を始めた。

独標と丸山の間のなだらか 稜線で、なにやら糸のたくさん付いた布を広げてる人が。何するんですか?  ここから稜線をちょっと遊んでウンタラカンタラ..。え?空飛ぶの?!空飛ぶ人を見れることなんて滅多にないので、飛び立つまでカメラ片手にスタンバイ。タタタ..とか走るかと思ったが、風を捉え、ふわっと飛んだ。気持ちよさそう!あー、危ないっ!ぶつかる!
と思ったが悠々と岩を避け、天高く上がった。稜線で遊ぶってそういうことか。
貴重なシーンを見れた。師田さんの目、輝いていたなぁ~w   栗原さん、情報下さいw

そんなこんなで楽しい気分で山荘に到着。登頂と無事を祝ってコーラで乾杯。

アイゼンやヘルメットを外し、ロープウェイへ。何度も(私だけ)転びながら下山。すごく疲れた。想定外。再びソフトクリームで乾杯し、下山終了。

***


ぴったり後ろについて、ずっと見守り、フォローして下さった師田さん。大変心強く、安心して歩けました。
私のために重いロープを担いでいただき、すみません。いつもありがとうございます。

落ちたら受け止められる(?)様、気遣って身構えて下さった水流さん。運転も結局全部していただき、大変お世話になりました。ありがとうございました。