トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2018/12/9/裏同心ルンゼ・大同心大滝 のバックアップ(No.1)


山行日2018年12月9日
山域八ヶ岳
ルート裏同心ルンゼ・大同心大滝
メンバー丸山・師田・栗原・土肥

記録

7:30 美濃戸駐車場出発
08:50 赤岳鉱泉
09:50 裏同心取り付きF1
12:50 大同心基部(大同心稜)
13:10 大同心稜から懸垂開始
14:30 懸垂2ピッチ完了
15:00 大同心大滝を懸垂開始
15:30 大同心大滝正面(トップロープ設置済み)
16:30 大同心大滝から下山開始
17:30 赤岳鉱泉出発
18:30 美濃戸駐車場到着


初めてのアイスクライミングに連れて行ってもらった。
赤岳鉱泉までは全く雪なし。その後裏同心取り付きまでもほぼ雪がなく、台風で荒れたであろう沢底を歩く。
雪の上しか歩いたことがない冬靴での岩場歩行は、最後まで慣れなかった。
裏同心F1に到着。心配していたが、凍っている。心は急くのだが、そこは素人。結果チンタラ。ちょっ早の丸山さん、リードしてあっという間に消える。
いいですよ~、ゆきさん登って~! へっ?ど、どこをどうやって?アックスはどこ持つの?どうやって握るの?動画でイメトレしていた時は出来ると思ったのに、実際壁を目の前にしたらパニック。教えてもらって、アックスを振る。???なんだこれ?全然刺さらない(汗)。自分の想像とは違い、特に左腕の振りは非力でヘロヘロだ。アイス楽しいって言ったのはどこのどいつ?全然出来ないし疲れるし手冷たいし怖いし全然楽しくない..もう力尽きる....これは無理だと思った。撤退か。
そこで丸山レッスン。この部分の氷壁を全部壊すくらいのつもりで、アックス振りの練習しましょう。ヒイィィィ! 指示の言葉は的確でイメージ化も出来てる。しかし思い通りに身体は動いてくれない(泣)。脇が開いてますよ!あ、あの、もう腕が疲れ..。もっと氷の奥を狙って! ヒイィィィ!
頼もしいリーダーに引っ張られ、暖かい励ましに助けられ、優しい眼差しに守られて、なんとか先を進んだ。


傾斜の緩い壁はロープなしで登った。そんな時はピッタリ横について、一振り一蹴りを丁寧にしっかり見て指示してくれた。無事に登りきると褒められた。テヘ。
滑ってはぶら下がり、文字通り引っ張り上げてもらって、なんとか最後の滝まで登りきった。見上げると大同心が垂直に屹立している。大迫力だ。
大同心基部へ草付きのガレ場を詰め上がり、大同心稜からルンゼを懸垂下降する。ルベルソに氷がついてロープが通らない。環付カラビナは凍りついて開かない。急いで~時間ないよ~ ヒイィィィ! ロープが重みで下に引っ張られて、思うように下降出来ない。こんなに長い距離を懸垂下降するのは初めてだ。
テキパキとロープを操って支点を作りサクサク降りて行く。すごいなぁ~....いつか自分で出来るようにならなければいけないのだろうが....遠い....あまりにも遠い....。


そしていよいよ大滝へ。す、すごい高度感!わぁ~....怖さも忘れて、壮大な美しさに見とれる。今ココに居ること、今までの行程を思い、嬉しくてにやける。辛いけど、楽しい‼️
大滝を降りると、支点回収に丸山さんが登り返す。下降しながらよく見たが、こんなところ登れないって!しかし力強くサクサク登って行く!カ、カックイイ!あんな風に登りた~い....遠い..あまりにも遠い..。ま、ま、ゆっくり。


それからも長かった。赤岳鉱泉に着く前にヘッデンを着けた。やっとの思いで駐車場に到着した時には、もう本当にヘロヘロだった。つ、疲れた。苦行のような1日。でも最高に楽しかった1日。


たくさん迷惑を掛けてしまったが、皆に助けられて素晴らしい初アイスクライミングとなった。ご一緒して下さった丸山さん、師田さん、栗原さん、アックスを貸してくれた澤井さんに、心より感謝申し上げたい。


  (&br;は改行コマンド)

↓画像添付したい場合。(中央寄せ+画像リンクなし+サイズ80%)

#ref(): File not found: "ここに画像ファイル名.jpg" at page "2018/12/9/裏同心ルンゼ・大同心大滝"


↓画像添付で二枚並べる場合。(2枚並べ+中央寄せ+画像リンクなし+サイズ80%)
↓CENTER:と#Clearはセットで使用すること。

&ref(): File not found: "AAA.jpg" at page "2018/12/9/裏同心ルンゼ・大同心大滝"; &ref(): File not found: "BBB.jpg" at page "2018/12/9/裏同心ルンゼ・大同心大滝";