トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2014/5/3/早月 のバックアップソース(No.1)

|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2014年5月3~4日|
|山域|北アルプス|
|ルート|剱岳早月尾根|
|メンバー|内藤・澤井(記)|



*記録

初めて富山県に5月の劔の計画書を出したのは2007年、それから7年。
ようやくパートナーと天気に恵まれた。

馬場島には3時ごろの到着。
テントを張って、1時間くらい仮眠をとった。

5月3日

&br;
#ref(P5032042-1.jpg,center,nolink,80%);

↑試練と憧れの石碑横から早月尾根に取り付く。
&br;

早月尾根はのっけからの急登。
寝不足の身体にはきつい登りだ。

登山道の両脇には、カタクリや岩ウチワが咲いていて、心を和ませてくれる。

すぐに残雪が出てきて、雪原と化した松尾平を抜けると今度は雪尾根の急登となる。
朝早いためか、締まった雪で、トレースも残っていて楽させてもらう。

昼前に早月小屋に到着。
古い整地済みのサイトを整地しなおして、午後から崩れる予報なので、しっかりとブロックを積んでテントを設営した。

設営中に小屋番さんが上がってきて、落ち着いたら小屋に受付に来てくれと伝えてくれた。
トイレも、小屋の中のトイレを使っていいとのこと。
大助かりだ。

テントの中に入って、ゆっくりしていたら、雨が降ってきた。
ちょうどいいタイミングで、設営を終えることができた。
雨が小降りになったタイミングで、小屋へ行って受付をして、昼過ぎから惰眠をむさぼることにした。

&br;
#ref(P5032077-1.jpg,center,nolink,80%);

↑夕方、雨が上がって、アベントロートに燃える剱岳を望めた。

&br;

夕食もお互い行動食が多めなので、スープと行動食で済ませた。
夜に風が強くなってきたが、ブロックのおかげで快適に眠ることができた。


5月4日
昨夜の風がうそのようにおさまって、穏やかな快晴の朝を迎えた。
いよいよ憧れの剱岳へとアタックする。

朝は、比較的ゆっくり過ごして、明るくなってからアタックをかける。
雪も締まっていて、歩が進む。

&br;
#ref(P5032088-1.jpg,center,nolink,80%);

↑朝日を浴びる剱岳。穏やかな表情で見守ってくれている。

&br;

2614ピークを前に先行パーティーを抜かし、トップとなる。
トレースが残っていて、ルートファインディングに困ることはない。
雪の状態も良いためか、トラバース中心でトレースがついていて、堅雪のトラバースは緊張する。程なく、後続と前後するようになって、獅子頭の先でロープを出して、2番手についた。

カニのハサミのトラバース2ピッチをスタカットでいって、最後のルンゼをランナーをとりながらコンテで引っ張って、別山尾根分岐の標識でビレイ。

別山尾根からはひっきりなしに登山者が登ってくる。
平蔵谷を詰めたパーティーも多いようだ。

緩やかな登りを一登りで、念願の雪の剱岳山頂。
積雪があるので、足元は3000mだ。

&br;
#ref(P5032098-1.jpg,center,nolink,80%);

↑剱岳山頂。祠はすっかり雪に埋まっていて、どこにあるのかもわからない。

&br;

富士山、槍ヶ岳、と名だたる山を一望でき、緊張から解き放たれてのんびりしてしまった。

下山は、早月尾根最上部のルンゼで50mいっぱいの懸垂下降から、ちょこっとだけビレイして下って、ロープをたたんだ。

烏帽子岩のクライムダウンはロープを出してもよかったかも!?

大方、よく踏まれたトレースで、安心して下りることができた。

昼過ぎに早月小屋に戻れたので、今日中に下山してしまうことにした。
もっとも明日は荒れる予報だったので、1泊2日狙いだったのだが。。。

とっておいたビールを飲みながら、テントを撤収して早月小屋を後にすることにした。

ちょうど出発するときに小屋番さんが出てきて、名残惜しくちょこっとおしゃべり。
「今度は正月に来いよ。小屋明けとくから」ってエールをもらって、別れを告げた。

下りは、急な雪尾根をグリセードを交えて快適に下りた。

最後の最後で、カタクリの花畑に見送られて、日のあるうちに馬場島へ下りることができた。

&br;
#ref(P5032114-1.jpg,center,nolink,80%);

↑早月尾根下部のカタクリ畑

&br;



7年越しの願い叶って登れた残雪の剱岳。
パートナーと天候に恵まれて、気持ちよく登ることができた。
しばらくは雪山はおなか一杯って今は思っているけど、またすぐに恋しくなるんだろうな。
また来るときには、広い懐で微笑んで迎えてほしい。と祈って。


&br;
~参考記録~
5/3:馬場島5:23~8:20 1600m地点~11:12早月小屋
5/4:早月小屋5:20~9:08剱岳9:24~12:24早月小屋13:18~14:23 1600m地点~16:08馬場島



&br;