トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2011/8/9/越沢バットレス のバックアップソース(No.2)

[[2011]]
|CENTER:150|CENTER:350|c
|山行日|2011年8月9日|
|山域|奥多摩|
|ルート|越沢バットレス|
|メンバー|伊藤・山田|
*記録
&br;
今日は各地で30℃を大幅に越えて猛暑日となった。 
&br;
昨日、伊藤さんの越沢の同行者募集メールを見て、暑いと覚悟を決めお願いをした。 
&br;
本日、東屋に到着するだけで汗が滴り落ちる、先が思いやられる(^_^) 
&br;
今日のバットレスは、先着ワンパーティのみの貸し切り状態、しかしこの暑さでは午後からは・・・(^_^)
&br;
今日の越沢バットレスは
&br;
#ref(越沢バットレス-15.jpg,center,480x360);
&br;
#clear
早速に準備をして先ずは一般ルート(右ルートⅣ+)からつるべで(^_^) 
&br;
#ref(越沢バットレス.jpg,center,480x360);
&br;
#clear
登り終えて、懸垂下降。 
&br;
CENTER:&ref(越沢バットレス-2.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
続いて、左ルートⅤへ 
出だしの垂壁は水の浸み出しが岩場の下部を濡らしていやらしい感じ、乾いている処を選んで登る。 
&br;
CENTER:&ref(越沢バットレス-3.jpg,center,180x240); &ref(越沢バットレス-5.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
被り気味のクラックルートを伊藤さんがリード、さすが安定した登りだ。
そして小テラスまで懸垂下降。 
&br;
小テラスから第二スラブルートⅣ+へ取り付く、この時点で湿度と直射日光のため私は大汗をかき、喉はカラカラ・・熱中症が頭を過る。 
ここで引き下がっては〇がすたる、リードする番でもあるので頑張る。
&br;
CENTER:&ref(越沢バットレス-10.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
何とか次のピッチまで登り切る。 
そして、最後のピッチを伊藤さんがリード。
運良く終了点間際のフォローで登る私をショットしてくれた。 
&br;
CENTER:&ref(越沢バットレス-11.jpg,center,240x180); &ref(越沢バットレス-12.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
終了点到着、何とか元気を振り絞って最後の懸垂降下。 
&br;
CENTER:&ref(越沢バットレス-14.jpg,center,240x180);
&br;
今回はこれで終了。 
&br;
今日の無事を山ノ神に感謝m(__)m