トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2010/丹波川水系・一之瀬川支流・大常木谷 のバックアップの現在との差分(No.1)


  • 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
[[2010]]
|CENTER:150|CENTER:350|c
 |山行日|2010年8月14-15日|
 |山域|奥秩父|
 |ルート|丹波川水系・一之瀬川支流・大常木谷|
 |メンバー|上島・祥子・山田|
|山行日|2010年8月14-15日|
|山域|奥秩父|
|ルート|丹波川水系・一之瀬川支流・大常木谷|
|メンバー|上島・祥子・山田|



*記録
8月14日から15日にかけ、以前から計画していた山岳会の個人山行を、気の合った仲間で実施した。 
行先は表題の通り、大常木谷。 
当日は前線上を低気圧が日本海を北東に進み、西日本や東北地方では大荒れの天気、しかし関東地方は概ね曇天の日和となった。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 3.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
今日は沢の中で幕営を予定にしているため、一之瀬林道駐車場所には遅めの到着。 
今回も上島さんと祥子ちゃんにお付き合い頂いた。 

装備を整え、いざ一之瀬川までの降下である。 
ここは急勾配のうえ道が悪く、更に100m近く降りるため、度々滑落事故が発生している。 
メンバーには注意を促し、心の準備をしてもらう。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 7.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 8.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
沢床の到着し、沢の装備に着替えていざ出発。 
30分くらいで大常木谷出合いへ。 
さぁー、遡行開始。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 10.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 11.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
程なくして、五間ノ滝に到着、ここは滝右側をヘツリそのまま直登。  
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 12.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 13.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
その先はゴルジュ帯に入り、滑ってツルツルの沢床をスリップしないように登る。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 14.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 15.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
神経質なくらいに足運びに気を使っていると、目の前には落差25mの千苦ノ滝が出現する。 
今日は水量が多いためその迫力は圧巻であった。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 19.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 20.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
ここの直登は無理なので高巻きを。 
しかし、一部ルンゼの部分が悪く慎重に越える。 

その後もゴーロ帯、ゴルジュ帯と続いて行く。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 22.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 23.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
そして、山女魚淵へ。 
以前来た時は、この深い淵をどう突破しようか考えたが、今は見る影もない。 
まだ、手前側は人の背は立たないくらい深いが、出口を塞いだ倒木2本のため向こう側、半分が埋まっている。 
ここは泳いで倒木を攀じ登り突破。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 24.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 26.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
続くゴルジュ帯もなんとかクリアし、そして今日の幕営地へ到着。 
まずは重いザックを置いて、魚釣りへ。 
女子2名は集中して釣りに専念、そこそこ釣れたのでテント設営と今宵の宴会準備、もちろん焚火も。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 30.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 31.jpg,center,240x180);
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 33.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
そして(-_-)zzz 

昨夜は宵の内に寝てしまい、今日朝は5時に目が覚めてしまう。 

火床がまだ熱いので火を起こし、お湯を沸かす。 

谷深く大自然に囲まれて飲むコーヒーはまた格別である。 

服も焚火の匂いが染みついてしまった。 

この匂いは好きな匂いだ。 

仲間も起き出し周りが賑やかに、朝食も美味しかった。 

そろそろ今日も出発だ。 
&br;
CENTER:&ref(ny大常木谷 37.jpg,center,240x180); &ref(ny大常木谷 38.jpg,center,240x180);
&br;
#clear
今日の無事を山ノ神に感謝m(__)m
&br;