トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2021/7/21/室堂-折立

Last-modified: 2021-08-14 (土) 14:35:49 (36d)
Top / 2021 / 7 / 21 / 室堂-折立
山行日2021年7月21-23日
山域北アルプス
ルート室堂~折立
メンバー相場

記録

7/21 室堂7:30~浄土山~獅子岳~ザラ峠~五色ヶ原山荘12:00(歩行4時間、計4時間半)

昨年山で出会った人が五色ヶ原山荘を大絶賛していて行きたいと思っていたのと、ついでに歴史ある縦走路も未踏だったので梅雨明け快晴を期待して計画。

 

毎日アルペン号で室堂7時着、快晴、標高2450mから涼しいスタート。最初のピークは地味にきつい浄土山。

トレーニングしないでいきなり来たことを後悔していたら目の前にオコジョ登場!20年ぶりの目撃に感激!

今年は残雪多く鬼岳では雪上ルートの整備をしてくれていた。

高山植物が咲き誇り、中でもコバイケイソウの当たり年とかで花畑が白い大群落。

一番乗りの12:00に小屋着。小屋は花畑の中にあり、眼前には赤牛や水晶等の山々が広がりとにかくロケーションが素晴らしい!

雲ノ平を遥かに上回っていると感じた。ビール飲んで昼寝して散歩して小屋のテラスでまったり。

小屋は清潔で人々も温かく家庭的な雰囲気、夕食はエビフライだったがアレルギーというとすぐにおかずを替えてくれた。

夕方に雨が降ったがのち、Wレインボー&夕日を部屋から満喫。


 
7/22 五色ヶ原山荘3:30~越中沢岳~スゴ乗越小屋~間山~北薬師岳~薬師岳~薬師岳山荘13:50 (歩行9時間、計10時間20分)

快晴 10時間以上の長丁場に午後から雷雨予報のため、早めに出発、ヘッデンで歩くなんて登攀以来で緊張。

半分行程のスゴ乗越小屋までは体力温存、省エネ登山を心掛けたが、スゴ乗越は小屋が見えてからの

樹林帯のアップダウンが多くなかなか着かない。暑さも拍車をかけメンタルに堪えた。がのち、雷鳥に励まされる。

北薬師の稜線は岩稜帯で目印が不明瞭で何度かルートを間違えたりした。だいぶ失速したが13:20、薬師岳着。

山頂は折立方面からの登山者でかなり賑わっていた。縦走路はほとんど人とすれ違うこともなく、五色ヶ原からも10人位だったか。

13:50薬師岳山荘着、この後天気が崩れて雨となる。

五色ヶ原山荘からの知った顔に会うたびに互いの無事を確認し、なぜか皆口々に困難を乗り越えた同志だなと語り合い別れるまで

一期一会を楽しんだ。山荘を予約する時に布団はなし、寝袋とマット持参と言われたので嵩張るウレタンマットも持って行ったのに!

普通に布団が使えて唖然。食事はボリュームもありおいしかったが、夏だしコロナ禍なのに水が使えないのが難点だった。


 
7/23 薬師岳山荘6:00~太郎平~折立10:20(歩行4時間、計4時間20分)
快晴 朝食を食べて下山。

折立から毎日アルペン号に乗車、途中の日帰り温泉で降ろされ室堂からのバスに乗り換え。合流まで1時間以上あり、ゆっくり温泉に浸かり、ビールを飲みながらお昼を食べているとバスが迎えにくるという贅沢!毎日アルペン号サイコー!3日間快晴に恵まれ終始360度の大展望、お花畑を満喫できました。