トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS

2019/3/23/南沢大滝・小滝

Last-modified: 2019-05-09 (木) 23:28:41 (11d)
Top / 2019 / 3 / 23 / 南沢大滝・小滝
山行日2019年3月23日
山域八ヶ岳
ルート南沢大滝・小滝
メンバー梅原・師田・戸叶・土肥

記録

3:30 熊川駅出発
6:00 美濃戸口
7:00 美濃戸
8:30 南沢小滝
11:30 南沢大滝
16:00 下山開始
(時刻は大体の目安)

美濃戸口で師田さんと合流。師田さん車に乗せてもらい美濃戸へ。チェーンアイゼンを装着して出発。滝までのアプローチがまぁキツかった。運動不足を露呈することとなった。大汗かきながら頑張ったが、速さに着いて行けず、迷惑をかけてしまった。体重が原因なのか?食べるのに忙しくて痩せる暇がない。いつ痩せよう?今ってか。

大滝に行く前に小滝でウォーミングアップ。私のために....。恐縮です....。
まだ誰もおらず、我々で独占。梅原さんがトップロープを2本張って下さり、数本ずつ登る。氷は脆い部分も多かったが、シャワーにはなっておらず、快適に登れた。

団体さんが到着したのを機に、大滝へ移動。初めて見る南沢大滝。その名に相応しく横にも縦にも大きい。大迫力だ。こんなスゴいところ登れるだろうか。
既に2パーティーが登っていた。再び梅原さんがリードして下さる。氷は小滝より相当悪いようだ。空いている真ん中のラインにトップロープを張って下さった。
戸叶さんはあっという間に登ってしまった!アックスを新調した師田さんもサクサク登って行く。降りてきたらお二人ともびしょ濡れだ。
傾斜が緩いところは登れるようになった。問題は垂直に近い部分だが、今回はそれが長い。ロープに沿って登ろうとするが、登り易い右側に進まされてしまう。いかん。ルートに戻れない。氷がごっそり剥がれて懐に落ちる。落氷の嵐だ。力尽きて降りようとしたが、暫し休ませてもらい、トラバースしてルートに戻った。ジャージャー水が流れている。水を浴びながら上まで進んだ。テンションかけてしまったが、なんとか終了点まで行く事が出来た。満足。超満足。
その後、ルートを変えて数本登らせてもらった。他パーティーもとにかく落氷が凄かった。
目一杯登らせてもらい、最後のアイスクライミングを大満足で終えた。

下山後の風呂と飯は、梅原さんが最近ココで済ませてるという、八ヶ岳山荘前のJ&Nへ。風呂は小さいが誰もおらず貸切状態。シャンプーやソープは香りがよくて女子には嬉しい。食事をすれば入浴料700円位が半額。ご飯もデザートも美味しい!ダイエットはまた今度。下山後こんな近くに素敵なところ。オススメだ。